Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
モダンデザイン×クラシカル 新・旧が織りなす、おしゃれなプライベートガーデン(お庭) | ザ・シーズン世田谷店のブログ | おしゃれな外構と庭のTOPICS- peterburgo.info

世田谷店ブログBLOG

OLD/NEW 「古きを甦らせる手法」

モダンデザイン×クラシカル 新・旧が織りなす、おしゃれなプライベートガーデン(お庭)

東京都目黒区某所にひっそりと佇むお洒落なプライベートガーデン(お庭)。この景色は、ご家族など極限られた方のみが楽しむことが可能な、特別なプライベート空間。
プライベート色の強いお庭作りは、都心部でお庭を持たれる方々の多くに、共通する考え方だと私は思います。

2階から眺めるプライベートガーデン(お庭)の全景。

2階から眺めるプライベートガーデン(お庭)の全景。

今回の施工例とは別のお話となりますが、郊外分譲地では整然と区画整理された街並みと共に、建物や外構(エクステリア)のファサード(外観)が統一された、“街並みの美しさ”を求められるケースが多いと感じます。反面、プライベート感や防犯については、結果的に相反する機能性となってしまった部分も…実は…あるのかなと感じます。

その点、私たちが担当している(世田谷区、目黒区、大田区などの)都心部エリアでは、①道路面の防犯機能をしっかりと行う。②外構ファサード(道路面の外観)は必要以上に華美にしない(派手過ぎない)。③プライベート空間(奥の道路からは見えない空間)にむしろ力を入れる。という傾向があります。

ここは皆さまが道路から見えないエリアですので、なかなか見えない分、共感は得づらい部分かも知れませんね。

シンプルな3連照明と、屋外に設置されたガーデンシンク。ガーデン・パーティで活躍するキッチンとなります。

シンプルな3連照明と、屋外に設置されたガーデンシンク。ガーデン・パーティで活躍するキッチンとなります。

天板を水平ラインでシャープに仕上げたモダンデザインです。

天板を水平ラインでシャープに仕上げたモダンデザインです。

フォローレンガブロックは、クラシカルでありながらシャープさも兼ね備えて、新・旧を融合させる役割りを果たします。

フォローレンガブロックは、クラシカルでありながらシャープさも兼ね備えて、新・旧を融合させる役割りを果たします。

植物も新・旧を織り交ぜました。残すべき樹木はあえて残して、新規の植物を追加したスタイルです。

植物も新・旧を織り交ぜました。残すべき樹木はあえて残して、新規の植物を追加したスタイルです。

夕景のライトアップ。

夕景のライトアップ。

リビングからの景色。アウトドアリビングとして屋外と一体化された、豊かな空間造りを目指します。

リビングからの景色。アウトドアリビングとして屋外と一体化された、豊かな空間造りを目指します。

建物室内からの「景色」は大事ですよね。皆さまもご存じの通り、お庭(外)で過ごす時間も大切ですが、年間を通して多くの時間を過ごされるリビング・ダイニングからの景色をどのようにしつらえるのかは、建物全体の空間造りとして重要な要素となります。皆さまもご参考にどうぞ!

ザ・シーズン世田谷 デザイナー 松田真輔(まつだしんすけ)

ザ・シーズン世田谷の店舗情報

CLOSE 閉じる OPEN 開く

  • 営業時間

    10時〜18時

  • 定休日

    火曜日・水曜日

  • 電話番号

    03-3425-6810

  • 所在地

    東京都世田谷区新町3-20-1

主な施工エリア

CLOSE 閉じる OPEN 開く

東京都エリア

東京(世田谷区、目黒区、大田区、品川区、港区、渋谷区、新宿区、杉並区、中野区、豊島区、文京区、練馬区、板橋区、荒川区、中央区、千代田区、狛江市、調布市など)
神奈川県エリア(川崎市など)、東急田園都市線沿線、東急東横線沿線、東急世田谷線沿線など。
上記エリア以外でも施工可能な場所もございますので、お気軽にご相談くださいませ。

電話でのご相談:03-3425-6810

ページの終わりになります。