変形敷地を魅力にかえるガーデン&エクステリアWORKS11

変形敷地を魅力にかえるガーデン&エクステリア

dsc_19932
斜めだったり凸凹していたりと、大なり小なり「変形している敷地」にお住まいの方は一般的に多いかと思います。

変形した敷地、それはお住まいの空間の「一つの個性」であり、その個性を活かしたデザインが実現できると、四角い敷地とはまた違う、オリジナリティあふれる素敵な空間演出が可能となります!

建物に対し大きく斜めにずれた敷地南面を、「プライバシーが確保された居心地のよいお庭」として活用されたいとご依頼いただいたK様。建物も著名な建築設計事務所によるもので、個性的な建物形状もあいまって、お庭スペースの形が非常に変形しておりました。


r00102692

境界に沿って壁を建てると庭面積が一番広くとれるのですが、そのままだとお庭スペースは単調で間延びした場所になってしまいます。

このお庭では、目線をさえぎる壁を、ずらしたり曲げたりと様々な工夫を施すことで、見る場所によって風景が変わり、逆に広がりや奥行が感じられるよう計画しました。

r0011349-11

正面からみると、高さのそろった白い壁。向かいは建物がなく空がきれいに広がって見えますので、デザインはシンプルに、空に溶け込むように・・・

この庭を上から見ると、、、

r0011697-1


「建物との平行線」と「敷地境界の斜め線」の2つの線を交錯しながらずらしながら折り曲げながら、、、と、変化をつけています。(またそのことにより壁の構造強化も行っています)

その変化と連動するよう内側のスペースを構成することで、テラスやベンチ、カラフルなテラコッタ敷、シンボルツリーや植栽スペース等等、、、色々な要素がばらつくことなく、まとまりながらも多様な表情を演出しています。

さらに、その壁の変化に照明の演出をプラスすると、、、昼にはシンプルですっきりとしていた空間が夜になると一変し、その変化が素敵に際立つ幻想的な風景を見せてくれます。

r0011494-11

このお庭では、その他、色彩計画や素材の使い方の工夫など、お客様と一緒に楽しみながら、様々なこだわりを形にさせていただけるという、とても貴重な機会をいただき、大変感謝しております。

■変形地のエクステリアはこちら

6923.jpg

角地・変形地の外構~二世帯住宅のエクステリア施工例

■ザ・シーズン世田谷へのご相談はこちら→03−3425−6810
どこにあるの?→ 


WORKS 世田谷店こだわりの施工例

ザ・シーズン世田谷の店舗情報

CLOSE 閉じる OPEN 開く

  • 営業時間

    10時〜18時

  • 定休日

    火曜日・水曜日

  • 電話番号

    03-3425-6810

  • 所在地

    東京都世田谷区新町3-20-1

主な施工エリア

CLOSE 閉じる OPEN 開く

東京都エリア

東京(世田谷区、目黒区、大田区、品川区、港区、渋谷区、新宿区、杉並区、中野区、豊島区、文京区、練馬区、板橋区、荒川区、中央区、千代田区、狛江市、調布市など)
神奈川県エリア(川崎市など)、東急田園都市線沿線、東急東横線沿線、東急世田谷線沿線など。
上記エリア以外でも施工可能な場所もございますので、お気軽にご相談くださいませ。

電話でのご相談:03-3425-6810

Туринабол

rtic 65

Лечение рака желудка

ページの終わりになります。